先天性四肢欠損の子供を育てる親のブログ

娘は「先天性四肢欠損」「先天性心疾患」を持って生まれてきました。それでも娘は力強く生きてます。そんな愛する娘を幸せにしてあげたい両親の気持ちを綴るブログです。

はじめての発熱。予防接種の副反応??

投稿日:2018年7月13日 更新日:

sami(妻)です。

-スポンサーリンク-


はじめての発熱

予防接種を受けた日の夜中
ツムちゃんを触ると少し熱い感じがしました。
熱を測ってみると37.6度で少し熱がありました。

予防接種の時に
副反応で熱が出るかもしれないが
ぐったりしたりおっぱいの飲みが悪いとかなく
元気そうな様子であればしばらく様子をみて
と説明されていました。

それほど熱も高くなく
すやすや寝ていたので様子をみる事にしました。

朝起きてからも元気そうで
熱も37度に下がりました。
一安心です。

その後も問題なく熱も出ませんでした。
説明は受けていたものの
はじめての発熱で心配でした。

そして体温測るの難しいですね。
15秒で測れる体温計ですが
たった15秒でも脇に挟ませるのは
動いたりしてしまって大変でした。
場所が悪いと1度くらい誤差があったりして
どの体温が本当なのか何度か測りなおしました。

ところが2日後に

熱がさがり、安心していたのですが
せきをするのが増えた感じがしていました。

予防接種の時に大丈夫そうと言われたものの
回数が増えていたので気になっていました。

念のためと思い、熱い感じはしませんでしたが
熱を測ってみました。
そしたらなんと、、、38.3度!!
ツムちゃんの様子も普段と特に変わらなかったため
こんなに熱があるとはびっくりしてしまいました。

これも副反応なのか
でもせきも出ているし風邪なのか。。。

病院に電話をしてみました。

熱だけでなくせきの症状が出ているのと
月齢が低いと心配なので一度診せに来てください。

と言われたので病院へ向かいました。

病院で診てもらって

診察してもらうと
胸の音はきれいでぐったりした様子はないけど
念のため血液検査とRSウィルスの検査をしてもらいました。

結果はどちらも問題なかったので
1週間くらいは副反応の可能性もあるが
せきが出てるという事なら風邪かな
という診断でした。

ただ感染症のかかり始めだと
反応が出ないこともあるそうで
次の日もう一度診察してもらうことになりました。

食欲はばっちりなツムちゃん

ぐったりした様子はなく
おもちゃやあやしたりするのに対して
笑顔や反応もあって元気な感じのツムちゃん。

でも、心配からか
なんとなくいつもよりおとなしいような
あんまり大声で泣かないような
そんな気がしてきてしまいます。

この日
夕方は39度まで熱が上がりました。
そこからは徐々に下がっていきましたが
平熱に戻るまでは心配です。

そんな私の心配をよそに
食欲はしっかりあるようで
いつもどおりにおっぱいが飲めていたので
そこはすごく安心しました。
これだけ飲めれば風邪もすぐ治るぞ!!
と前向きに思えました。

翌朝は37.5度に熱が落ち着いてきました。
そして病院に行き改めて血液検査をしてもらいました。
度重なる注射、本当にツムちゃんよく頑張りました。
結果も特に問題はなく
このまま熱が下がっていれば大丈夫なので
また3日後に様子をみてもらうことになりました。

この日はそれから熱は上がらず
落ち着いてきたので安心しました。

お宮参りは延期に

実はこのときお宮参りを予定していました。
主役のツムちゃんがお熱だったので
お互いの両親にも連絡をして
延期することにしました。

なかなか行けないお宮参りですが
ツムちゃんの健やかな成長をお祈りするのに
ツムちゃんが体調を崩してしまっては意味がないです。

そしてこのときかなりの猛暑で
7月ですが最高気温35度越えとかだったので
体調が良くてもこの暑さの中では
大変だったなと思います。
なのでもう少し涼しくなってから
改めて日程を合わせることにしました。

もしかしたらツムちゃんが
「こんな暑い中行くのは大変だよー。涼しくなってからにしようよー。」
と言ってくれていたのかもしれませんね。

生後1か月頃に行けていなかったので
早く行かなきゃと勝手に焦ってしまっていたのかもしれません。

ちょっと先になってしまいますが
楽しみはとっておこう!!
と焦っていた気持ちを落ち着かせました。

スポンサーリンク





-samiのブログ

< スポンサーリンク >


自己紹介

私達
夫(sashi):1988
妻(sami ):1990
娘(ツム):2018.4.27
2018年4月27日深夜。
私達の第一子が産まれました。生まれてきた娘(ツム)は、その小さな身体には大きすぎる壁を持っていました。
先天性四肢欠損。娘の左手はひじから先がほとんどなく、心臓にも先天性の病気がありました。
このブログは私達が受け入れるための成長の記録をメインとして更新していきます。
まずはコチラをご覧下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ