先天性四肢欠損の子供を育てる親のブログ

娘は「先天性四肢欠損」「先天性心疾患」を持って生まれてきました。それでも娘は力強く生きてます。そんな愛する娘を幸せにしてあげたい両親の気持ちを綴るブログです。

うんちが出ないだけで、不安になった生後4か月のツム。

投稿日:2018年8月27日 更新日:

sami(妻)です。

-スポンサーリンク-


生後4か月

8月27日

ツムちゃん生後4か月になりました。

この日も恒例の記念撮影☆
夫の両親が以前プレゼントしてくれた甚平を着て夏らしく!!

ご機嫌な時間が増えたので
落ち着いて撮影できます。
でも相変わらずカメラに対して真顔なので
ツムちゃんの笑顔を引き出そうと
夫婦で必死です。。。
いいのが撮れたと思ったら
夫やわたしの手や足が写りこんじゃって
なかなかうまくいきません。
まぁこれも家で撮るならではの思い出ですね。

便秘に悩む

お盆くらいの頃ですね。
ツムちゃんのうんちが出ないということがありました。

1日に5、6回くらいうんちが出ていたツムちゃん。
新生児の頃は10回とか出ることもあったほど
便秘知らずでした。

ところが急に1日全くでない日がありました。
少ない日でも1回は出ていました。
ツムちゃんの様子は
いつもと変わらずお腹が張った感じもなく
おっぱいの飲みも良かったので
「あれ??今日は出ていない??」
とふと気づく感じでした。

お腹をマッサージしたり足を動かしたり
綿棒浣腸もしてみました。
母乳に影響するのかわかりませんが
野菜を多めに食べてみたりもしました。

しばらくして
「ん??なんかにおうぞ。」
と夫が言いました。
『お!!これは色々やった効果が出たかな!!』
と思い期待しておむつを開けるもきれいなまま。。。
おならだったようです。

おならはいっぱい出るのに
なかなか出ないうんち。
機嫌はよかったので
3,4日出なかったら病院に電話しようかと
夫と話していました。

2日目にしてうんちがでました。
しかし、いつもの5分の1くらいの量でした。
やっとしっかり出たのは3日目でした。

成長にともなって腸が発達して
便を貯められるようになって回数が減ったり
暑さで汗をよくかくと水分がとられて
出にくかったりするみたいですが
今まで便秘知らずだっただけに心配しました。

この1か月は

股関節や脳のホルモンのこと、聴力など
問題がないことが確認できてホッとしました。

予防接種で熱が出たり便秘になったりはありましたが
すくすく成長しているツムちゃん。

人の判別がついてきたり
名前を呼ぶのに反応する感じも出てきました。
左腕の動きも増えてきました。
楽しいおでかけもできました。

笑う時に声出す時も出てきて
それがとってもかわいいです。

月齢によって
今までと変わってくることもいっぱいあるし
気を付けることも変わってきたりします。
心配事だって解決したと思ったらどんどん新しく出てきます。
ツムちゃんのいろんなことで
うれしくなったり、不安になったり
でも、また楽しくて
同じ毎日でも何か違って発見があって
こうやって子育ての素晴らしさを
知っていくのかななんて思ったりします。

スポンサーリンク





-samiのブログ

< スポンサーリンク >


自己紹介

私達
夫(sashi):1988
妻(sami ):1990
娘(ツム):2018.4.27
2018年4月27日深夜。
私達の第一子が産まれました。生まれてきた娘(ツム)は、その小さな身体には大きすぎる壁を持っていました。
先天性四肢欠損。娘の左手はひじから先がほとんどなく、心臓にも先天性の病気がありました。
このブログは私達が受け入れるための成長の記録をメインとして更新していきます。
まずはコチラをご覧下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ