先天性四肢欠損の子供を育てる親のブログ

娘は「先天性四肢欠損」「先天性心疾患」を持って生まれてきました。それでも娘は力強く生きてます。そんな愛する娘を幸せにしてあげたい両親の気持ちを綴るブログです。

注目の的でアイドル気分⁉

投稿日:2018年10月14日 更新日:

sami(妻)です。

-スポンサーリンク-


寝返りマスター

横向き姿勢でストップしていたツムちゃん。
ついに寝返りをマスターした様子です☆

今まではできたとしても
偶然できちゃった感じでしたが
コツをつかんだようで
繰り返しできるようになりました。

ただ、最初は寝返りしてから元に戻れず
お助けのお呼びがかかります。
でも、数日後には寝返り返りもやり方が
わかってきたようで、できるようになりました。

特別に何か教えたわけではないですが
色々体を動かしながら
いつのまにかコツをつかむんですね。
今までできなかった移動が急にできて
『なんでそんなところにいるの⁉』
って驚くというのはあるあるみたいですが
まさにその通りです!!

BBQのお誘い

10月14日

夫の会社のイベントでBBQがありました。

「家族も参加できるから一緒に行く??」
と夫が言ってくれていたので
ツムちゃんも連れて参加することにしました。

会場は家から車で3,40分のところの
遊具やキャンプ、BBQ場
動物ふれあい広場などがある高原でした。

高原なのでなかなかの山道でしたが
パパの安全運転で
ツムちゃんも酔うことなく到着できました。

明け方に雨が降っていましたが
晴れてきてとっても気持ち良いお天気でした。

BBQ場に着き
ツムちゃんをベビーカーに乗せて
夫の職場の皆さんにごあいさつ!!

ベビーカーをのぞき込まれて

ベビーカーを押していくと
みなさんが近くによってきてくれて
「こんにちは!!」「かわいい!!」「はじめまして!!」など
声をかけながらベビーカーのツムちゃんを覗き込みます。

一気に注目を浴びるツムちゃん。

すると、、、
「えーん。」
と泣き声が聞こえて不安げな表情のツムちゃん。

まだ人見知りもなく誰か家に遊びに来ると
いつもとってもうれしそうにしています。

でも、今回は初めての場所で
一気に15人くらいの大人に囲まれて
さすがにびっくりしたようです。

それもそうですよね。
視界に急に知らない人の顔がいっぱいになったら
大人でもこわいです。

気を取り直してツムちゃんを抱っこして席に着き
バーベキューのお肉や焼きそばをいただきました。

すっごく大きな鉄板で
色々な種類の食材が焼けます。

ごはんをおいしくいただいていると
順番にみなさんが
ツムちゃんを見に来てくれました。

今度はツムちゃんも泣かずに
時々笑顔をみせます!!
他に参加していた小学生くらいのお子さんたちに
抱っこもしてもらっちゃいました。

ツムちゃんが生れてすぐのころ
夫は会社で出産の報告をする際に
『左手』や『心臓』のことについても
伝えていましたこともあり
心配してあたたかい声をかけてくださる方もいました。
気にかけてもらえるのは、ありがたいですね。

ごはんを食べた後は広場を散歩しました。
空気も気持ちよく景色もいいです。
みなさんがフリスビーやバトミントンをやっているのを
見ているのも面白かったです。

動物もいるよと教えてもらい
見に行ったのですが歩いて移動している間に
ツムちゃんは寝てしまいました。
代わりと言っては何ですが
わたしがうさぎとふれあったりして
楽しんじゃいました。

気さくに話しかけてもらい
とても楽しく過ごせました☆
ツムちゃんもみんなに
かわいいと言われご満悦な様子♪

イベントは楽しいですね。
参加させてもらえてよかったです!!

スポンサーリンク





-samiのブログ

< スポンサーリンク >


自己紹介

私達
夫(sashi):1988
妻(sami ):1990
娘(ツム):2018.4.27
2018年4月27日深夜。
私達の第一子が産まれました。生まれてきた娘(ツム)は、その小さな身体には大きすぎる壁を持っていました。
先天性四肢欠損。娘の左手はひじから先がほとんどなく、心臓にも先天性の病気がありました。
このブログは私達が受け入れるための成長の記録をメインとして更新していきます。
まずはコチラをご覧下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ