先天性四肢欠損の子供を育てる親のブログ

娘は「先天性四肢欠損」「先天性心疾患」を持って生まれてきました。それでも娘は力強く生きてます。そんな愛する娘を幸せにしてあげたい両親の気持ちを綴るブログです。

離乳食スタート!!上手にゴックンできるかな??

投稿日:2018年10月23日 更新日:

sami(妻)です。

-スポンサーリンク-


道具や情報を集めて準備開始

5,6か月ごろからはじめる離乳食。
大人の食事に興味を持ち始めた頃が
はじめどきということで
ツムちゃんもわたしたちがご飯を食べているのを
じーっと見るようになってきたので
5か月になったころから
道具などの準備を始めました。

今回用意したものは
・一人で座れる椅子
・お食事エプロン
・離乳食用の食器
・調理器具(すり鉢・まな板・製氷皿など)

8月に離乳食教室で習ったことを参考に
必要なものを準備しました。

離乳食の進め方のおさらいをして
スケジュールを考えてみました。

本や離乳食教室でもらった資料
ネットなどをみて情報を集めましたが
情報が多すぎてパンクしそうになりました。。。

基本的な流れは変わらないのですが
野菜の種類や量などすこしずつ違いがあったりして
どれに沿ってやっていけばいいのか迷いました。
そして、始め方などは書いてあるのですが
その先離乳食を進めていって
『赤ちゃんの様子をみながら合わせていく』
というのがなんともどうなっていくのかイメージがわかず

“〇月△日はこのメニューを食べさせましょう。”
“昨日はこれができたので今日はこのメニュー。”
みたいに誰かスケジュール管理してくれないかなぁ。。。

なんてラクをしたくなってしまいましたが
情報が多すぎたので整理してちゃんとまとめてみることにしました。
始めてみないとどんな感じかわからないこともあるので
まずはやってみることが大切ですよね!!

離乳食のはじめ方

まずは10倍粥からです。
1日目は小さじ1さじ。
2日目は小さじ2さじ。
という感じで増やしていきます。

この増やし方が迷いどころでした。。。
1日目、2日目で1さじ、2さじ増やして
その先はどこまで増やしていくのか。
3さじまで行ったら2日間は3さじのままで
5日目に4さじにするとか、
4日目4さじまで増やしてから2日間4さじのままとか
色々なパターンがありました。

きっと赤ちゃんの食べ具合などの様子に合わせて
変えてあげればいいことなんでしょうけれども
初めてやるとなるとどれがいいんだろう??
って間違ったやり方だったらどうしよう。。。
とか正解を考えてしまうんですよね。
結局やってみないとわかんないし
個人差があるってことなんですけどね。

『始めてみて、あまり食べなかったり嫌がったりして
全然進まないようなら一度やめて
少し期間をあけてからやり直しても良い。』
と以前保健師さんが言っていたので
まずはやってみようと思いました。

離乳食教室で1度に作って
冷凍しておくと便利と言っていたので
1週間分おかゆを作ってみました。
製氷皿に作ったおかゆを入れて冷凍しました。
“増やし方問題”があったので
小さじ1と小さじ2をつくって
調整できるようにしておきました。

初期は1日1回、午前中に食べるのが基本のようです。
ツムちゃんは朝起きて最初の授乳が
いつも8時半~9時ごろだったので
その時間を離乳食タイムにしました。

いざスタート

10月23日

準備も整い、ツムちゃんはじめての離乳食です。

いすに座ったツムちゃん。
座り心地は気に入ってくれたようです。
エプロンもつけてごきげんです!!

うんうん。いい調子!!
さぁ上手く「あーん」できるかな??

口元にスプーンを近づけると
恐る恐る口を開くツムちゃん。
そしてパクっとスプーンを
くわえることができました。

何とも不思議な顔をしていましたが
2口目もちゃんとあーんしてくれました。
まだ上手く飲み込めず
口から出てきちゃう分もありましたが
用意した小さじ1分のおかゆを
4、5口くらいに分けてゴックンできました。

「なんだこれは??」
という感じでしたが嫌がることなく
順調なスタートができました。

動画もバッチリ撮れたので
夜、仕事から帰った夫に見せて
「ちゃんと食べれてるー!!」
とはじめての瞬間に盛り上がりました。

スポンサーリンク





-samiのブログ

< スポンサーリンク >


自己紹介

私達
夫(sashi):1988
妻(sami ):1990
娘(ツム):2018.4.27
2018年4月27日深夜。
私達の第一子が産まれました。生まれてきた娘(ツム)は、その小さな身体には大きすぎる壁を持っていました。
先天性四肢欠損。娘の左手はひじから先がほとんどなく、心臓にも先天性の病気がありました。
このブログは私達が受け入れるための成長の記録をメインとして更新していきます。
まずはコチラをご覧下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ