先天性四肢欠損の子供を育てる親のブログ

娘は「先天性四肢欠損」「先天性心疾患」を持って生まれてきました。それでも娘は力強く生きてます。そんな愛する娘を幸せにしてあげたい両親の気持ちを綴るブログです。

生後9か月!!できないと決めつけないこと

投稿日:

sami(妻)です。

-スポンサーリンク-


生後9か月になりました。

1月27日

ツムちゃん、9か月です。

最近、体重をしかっり測っていないですが
約8㎏になりました。

下の歯2本も日に日に伸びています。
最近うっすら左上の歯も見えてきました。
離乳食もモグモグが上手にできるようになってきました。

心臓の穴もだいぶ小さくなって、塞がってきています。
逆流量も増えていなくてよかったです。
(こちらのブログで詳しくお話してます。)

ますますいろんなことに興味が出てきました☆

生活リズムと離乳食

生活リズムは大きく変わりありませんが
お昼寝が少し短くなってきました。
3回してる時が多かったですが
2回の日もっけこうあります。

夜中は相変わらず2回くらい起きますが
寝ぐずりが少なくなって
起きても抱っこや授乳ですぐ寝れることが増えました。
たまーに7時間くらいぐっすり寝てくれることも!!
やはり、睡眠が安定してくれると
わたしもぐっすり寝られるのでうれしいです。

離乳食もパクパク食べてくれます。
合計で130g~160gくらいはペロリです!!
徐々に好みが出てきたのか
食べる順番を指定するツムちゃん。
ちゃんとどっちの器に何が入っているのか
わかるようになったようです。
おかゆよりお野菜の方が食べたいみたいです。
今のところヨーグルトが一番お気に入りみたいです。

スプーンを持ったり、器の中のものを触りたがるので
そろそろ手づかみ食べにも挑戦していこうかな。
そして、3回食も始めていかなくてはです!!
離乳食はこちらも慣れてきたころに
切り方や硬さ、食べれる食材の種類、量、調理法などが変わったり
ツムちゃんの興味や好みが変わったりするので
なかなかついていくのも大変です。
それでももう離乳食後期に入ってきます。
離乳食期間もあとちょっとなんですよね。

できるようになったこと

最近は絵本がお気に入りのツムちゃん。
色々な絵が見えるのが楽しいのでしょうか。
わたしが読まなくても、
1人でページをめくっていくのが楽しいようです。
読んでいると、自分でめくりたがります。

クリスマスプレゼントで夫の両親がくれたおもちゃも
とってもお気に入りです。

お座りがとっても安定してきたので
近くにおもちゃや絵本を置いておくと
しばらく1人で楽しそうに遊んでいます。
でも、わたしが部屋を出ようとすると、、、
わかるんですね。泣いて呼ばれます。
これも成長ですね!!

最近は立つことや動くことも好きで
抱っこから座らせようとしても
足をピーンとのばして立とうとして
全然座ってくれないこともあります。
座ったままでは手が届かない場所にあるおもちゃも
取ろうとして移動しようとします。
まだ、思うように移動できないですが
どうやったらとれるか試行錯誤してる姿もかわいいです。

恒例の写真撮影

カメラに笑ってくれるようになったツムちゃんですが
色んなものに興味が出てきて触りたくなったり
パパやママの方に来たかったり
動きたかったりして
なかなかじっとしてポージングとはいかなかった今回。
いいショットを撮るには毎回工夫が必要です。

今回はくまちゃんポンチョで記念撮影♪

できることが増える一方で、、、

できることがいっぱい増えてきたツムちゃん。
とってもうれしいことですし、成長を感じます。
その一方で“できないこと”が見えてきたりもします。

母子手帳や育児情報などで
『〇か月頃になると□□ができるようになってきます』
など、成長や発達の目安が書かれていたりします。

その中には
『両手で~』というものもあります。

ツムちゃんは左手が短いです。
これはツムちゃんにはできないかなって
わたしは思いました。

ずりばいやハイハイも
ツムちゃんには難しいかなと
わたしは思いました。

それでもいい!!できることもいっぱいあるんだから
と思いつつ悲しく、申し訳なく複雑な気持ちもありました。

その気持ちに対して
ダメダメできることをみていこう!!
と思っていました。

でも、そうじゃなかったんです。

ツムちゃんが遊んでるのをみていると
左手も使っているんです。

絵本のページを右手でめくりながら
反対側を左手でおさえています。

少し大きめのぬいぐるみを持つとき
ちゃんと左手で支えるんです。

腹ばいになって前に進もうとしています。

ツムちゃんのやり方でできるようになっているんです。

勝手に“できない”って決めつけちゃってました。
失礼なはなしですよね。。。

もちろん、できないこともあると思います。
でも、やり方を変えたり、時間をかければできるかもしれません。
できないことに代わる何かがある場合もあります。

ツムちゃんが自分で考えながら
色んなことに興味を持って
楽しそうにしていることが何よりで
ちゃんとそれをみていくことが大切だと感じました。

スポンサーリンク





-samiのブログ

< スポンサーリンク >


自己紹介

私達
夫(sashi):1988
妻(sami ):1990
娘(ツム):2018.4.27
2018年4月27日深夜。
私達の第一子が産まれました。生まれてきた娘(ツム)は、その小さな身体には大きすぎる壁を持っていました。
先天性四肢欠損。娘の左手はひじから先がほとんどなく、心臓にも先天性の病気がありました。
このブログは私達が受け入れるための成長の記録をメインとして更新していきます。
まずはコチラをご覧下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ