先天性四肢欠損の子供を育てる親のブログ

娘は「先天性四肢欠損」「先天性心疾患」を持って生まれてきました。それでも娘は力強く生きてます。そんな愛する娘を幸せにしてあげたい両親の気持ちを綴るブログです。

300日&10か月

投稿日:2019年2月28日 更新日:

sami(妻)です。

-スポンサーリンク-


生後10か月

2月21日に生後300日

2月27日に生後10か月になりました。

300日というと、あと65日で1年ですね。
そう考えるともうすぐな印象です。

去年の今頃はちょうど仕事を辞めるときでした。
出産まであと少し。
ベビーグッズを用意しはじめたころでもあります。
その頃集めた服はもう小さくなっています。
そんなところでも成長を感じますね。

体重は8㎏を超え、身長は70㎝になりました。
歯は4本生えています。

つかまり立ちが安定してきて
向きを変えたり、振り返ったり
すこーしの距離ならいどうできるようになりました。

自分の気になったところに移動したい!!

という気持ちが強くなってきているようで
大好きだったお座りも
『お座りなんかしてらんないぜ』
と言わんばかりに、抱っこから床に座らせようとすると
足をピーンと伸ばしてお座り拒否したり
お座りしてる近くに行くとひざに登ろうとしてきます。

ずりばいも進化してきて
地面を足でけるというのがわかってきたようです。
最初はしゃくとり虫みたいにお尻が上がりすぎちゃっていましたが
少しずつ進めるようになってきました!!

やはり新しくできるようになったことは
特に楽しいんですかね‼︎

生活リズム

特に変化したのは夜間の授乳です。
夜泣きのような、寝ぐずりのような
2.3回泣いて起きて
授乳で落ち着いて寝るという時期もありましたが
ここ最近は激しくぐずることもなく
23時~2時ごろに少し泣いて起きたときに授乳する
1回だけになってきました。
たまに夜明けに起きることもありますが
トントンや抱っこで寝れるようになりました。

“3回食になると夜間断乳の成功率が上がる”

というのを聞いたことがあるので
しっかり食べれるようになって
ぐっすり眠れるようになってきたのかもしれません。

寝かしつけは相変わらず
抱っこじゃないとなかなか寝てくれませんが
夜間に起きることが無くなってきたのは助かります‼︎

その一方で
3回食になったことでお昼寝と
離乳食のタイミングなども変わってきます。

体力がついてきたのもあり
夕方遅くまで寝てしまうと夜、寝付くのに
時間がかかるようになってきました。

成長に合わせてリズムが変わったり
お出かけのある日は離乳食をどうするのか段取りを組んだり
なかなか頭を使うこともありますね。

大人になると自分のスタイルやリズムが
安定していることが増えてくるので
段取りを決めたり、効率を良くしたりしたくなりますが
柔軟な対応や臨機応変さを身に着けて
もっと余裕が持てるようになりたいなと
ひしひしと感じます。。。

まねっこはじまる

まねっこをするようになってきました。

ツムちゃんの方に向かって手を伸ばすと
ツムちゃんも手を伸ばします。
熱いお粥をフーフーしてたら
ツムちゃんもフーフーのまねをしてました。

歯磨きも自分でやりたがって
歯ブラシをとられます。

よーく観察しているんですよね!!

コミュニケーション

何か要求があったら
とりあえず泣いて伝えるというところから
真顔になったり、笑ったり、声を出したりするようになり、
最近では泣き方、笑い方、言葉の種類がどんどん増えています。
コミュニケーションの仕方も変化してきていますね☆

『何かしてほしい』と『行かないでー』と『イヤー』
は泣き方でわかりやすい気がします。

笑い方も声を出して笑ったりニコッとする以外に
表情を『に~!!』として顔を近づけて
くるというのが最近増えてきました。

お話しする準備を着々としているんですね!!

記念撮影

今回もバッチリ写真が撮れました♪

つかまり立ちに欠かせないアイテム
ごっつん防止クッションと一緒に撮りました!!

スポンサーリンク





-samiのブログ

< スポンサーリンク >


自己紹介

私達
夫(sashi):1988
妻(sami ):1990
娘(ツム):2018.4.27
2018年4月27日深夜。
私達の第一子が産まれました。生まれてきた娘(ツム)は、その小さな身体には大きすぎる壁を持っていました。
先天性四肢欠損。娘の左手はひじから先がほとんどなく、心臓にも先天性の病気がありました。
このブログは私達が受け入れるための成長の記録をメインとして更新していきます。
まずはコチラをご覧下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ