先天性四肢欠損の子供を育てる親のブログ

娘は「先天性四肢欠損」「先天性心疾患」を持って生まれてきました。それでも娘は力強く生きてます。そんな愛する娘を幸せにしてあげたい両親の気持ちを綴るブログです。

本当の体温は何度??

投稿日:

sami(妻)です。

-スポンサーリンク-


少しずつポカポカ

少しずつポカポカしてきて
春がやってきている感じですね。
お散歩日和でいい感じなのですが
なんとわたし、花粉症デビューしたっぽいです。。。

ツムちゃんは寒暖差もあってか
最近鼻水がたらたらしてます。
お布団蹴って寝ていたり、ヨダレでべたべたになって
服が濡れて冷えてしまったりもあるのかもしれません。

そんなこんなで
あたたかく気持ちよさそうな外をみつつ
おさんぽを渋ってしまうこの頃です。。。

まさかの熱が・・・

3月7日
シナジスの予約の日。

鼻水が出ているからか
いつもより1時間半ほど早起きだったからか
朝から少しご機嫌ナナメなツムちゃん。

オムツ替えのときに足の付け根のあたりに蕁麻疹があるのに気づきました。

朝の離乳食で卵白を食べた影響か
ちょうどオムツのゴムが当たっていたからなのか。。。

蕁麻疹はしばらくしたらおさまり、
熱もなくスヤスヤお昼寝もできていたので
様子を見て病院に行ったときに聞いてみることにしました。

いつも通り病院に行って体温を測ると38.0度!!
家を出る前に測った時は37.1度。

まさかお熱があったなんて。。。

ただ車や部屋が暑かったりすることで
体温が上がることもあるので測りなおすと

37.6度→38.5度→37.3度
と測り方もあるのか
いまいちわからない感じになってしまいました。
そこで一旦、医師の診察を受けて決めることになりました。

いつもは泣かない診察で今日は嫌がって泣いちゃったツムちゃん。

「あっ‼︎機嫌悪いね。」

と医師。続けて

「のども赤くないし元気そうだし
シナジスはワクチンじゃないから熱があったとしても打てるけど
蕁麻疹は原因がはっきりしないから1週間延期しましょう。」

ということになりこの日は打つのをやめて家に帰りました。

家に帰ってから

家に帰り再び熱を測ると37.5度でした。
しかし、その後それ以上あがることなく平熱でした。

鼻水は出ていましたが食欲もあり元気でした。
蕁麻疹もその後はでることはありませんでした。

やはりただの風邪だったのでしょうか。

なかなかうまくいかない体温測定

3月14日

延期になっていたシナジスを打ちに小児科へ。
鼻水も少しずつ落ち着いてきていて機嫌もよさそう。
熱は2回家で測った時はは36.8度、37.2度と平熱でした。

前回のことを踏まえて少し薄手の服にしました。

しかし、わきの体温計が気になったり
遊びたくなって測っている途中でツムちゃんが動くので
なかなか上手に測れず何度も測りなおしになってしまいました。
やっと測れたと思ったら37.6度。。。
またお熱⁉
しかし、体重測定をした後にもう一度測ると37.2度でした。
動いたりしているうちに体温が上がったのかもしれません。

その後診察をしてシナジスを打てました。

蕁麻疹に関しては、卵白の可能性もあるので
少しずつ量を増やしていき
もしまた蕁麻疹が出ることがあれば
血液検査をすることになりました。

結局、寒暖差なのか風邪なのか
熱も鼻水も原因はよくわかりませんでしたが
大したことなさそうでよかったです。

シナジスも今月で今シーズンの接種は最後でした。
ツムちゃん、よく頑張りました☆
心臓の穴が塞がってきているので
血液の逆流の状態によっては
来シーズンは必要なくなるかもしれないそうです。
必要なくなるといいです!!

スポンサーリンク





-samiのブログ

< スポンサーリンク >


自己紹介

私達
夫(sashi):1988
妻(sami ):1990
娘(ツム):2018.4.27
2018年4月27日深夜。
私達の第一子が産まれました。生まれてきた娘(ツム)は、その小さな身体には大きすぎる壁を持っていました。
先天性四肢欠損。娘の左手はひじから先がほとんどなく、心臓にも先天性の病気がありました。
このブログは私達が受け入れるための成長の記録をメインとして更新していきます。
まずはコチラをご覧下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ