先天性四肢欠損の子供を育てる親のブログ

娘は「先天性四肢欠損」「先天性心疾患」を持って生まれてきました。それでも娘は力強く生きてます。そんな愛する娘を幸せにしてあげたい両親の気持ちを綴るブログです。

水族館デビューとファーストシューズ

投稿日:

sami(妻)です。

-スポンサーリンク-


本日の主役は、、、

4月9日

この日の主役は“ママ”!!!

ツムちゃんの誕生日の前に
一足先にわたしの誕生日がやってきました。

夫が休みを取ってくれたので
水族館に行くことにしました。

ツムちゃんは初めての水族館。
『お魚わかるかな??興味持ってくれるかな??
どんな反応するかな??』
なんて考えながらワクワクしてました。
やっぱり主役はツムちゃんですね。

大きな水族館なので
種類も豊富で水槽もでかいです!!

はじめての場所でキョロキョロ。
最初は水槽よりも周りの人が気になって
イルカさんが目の前にいることにも気づかないツムちゃん。
ようやく『なんか大きなものが通り過ぎたぞ??』
という感じで目で追っていました。

ベルーガの水槽を上から見たときに
水面から出てくるベルーガを身を乗り出して
真剣に見ていました。
そして、どんどん興味が出てきたみたいで
お魚さんに触ろうと手を伸ばしたり水槽を触ったり
とっても楽しそうにしていました。
お魚とカメやペンギンなどの違いもわかったかな??

新元号『令和』が発表されたこともあって
ペンギンのフォトブースの中に『ありがとう平成』の文字が!!
おすすめされるがままに撮影ブースへ。
無料のフォトカードをもらえるのですが
さらに素敵な写真をみせられて
ツムちゃんの水族館デビュー記念と
平成最後記念につられて購入しました。
良い記念になるはずです☆

ファーストシューズ

ツムちゃんのお誕生日には
ファーストシューズをプレゼントしようと考えていました。
ちょうど水族館の近くのショッピングモールに
『ゲンキキッズ』という子ども靴専門店が入っていいたので
そこに見に行ってみることにしました。

お店では足のサイズを測る専用の機械があり
その上に立つだけで測れて靴のサイズがわかりました。
大きさだけでなく、足の幅や甲の高さも見てもらえます。

ツムちゃんは幅や高さは標準で靴のサイズは11.5~12㎝。
ファーストシューズは歩きなれていない赤ちゃんに合わせて
靴の底がやわらかく足首まで支えてくれるハイカットタイプを選ぶのが
基本的には良いとのことでした。

色やデザインも色々あっておしゃれ!!
迷った末に2つに絞って試し履きさせてもらいました。
ツムちゃんは嫌がることなく履いてくれて
手を支えながら歩かせてみるとなんだかうれしそうでした。
初めて履いたその感じがなんだかよくって
最初に履いた方に決めました!!

伝い歩きもかなりスムースになってきたツムちゃん。
最近は手を放して1人で立とうとするときもあります。
靴を履いて一人で歩く日も近そうです♪

お誕生日会

4月10日

ベビーザらスのお誕生日イベントに参加しました。
定員があるので予約が必要ですが
メルマガ会員になれば参加できる無料のイベントです。

手がた、足がたを取ったり
撮影ブースで写真を撮ったりできます。
待ち時間にはいろいろなおもちゃで遊べます。
その前に簡単に自己紹介をして
みんなでバースデーソングを歌いました♪

撮影は各自で取るのですが
スタッフさんがおもちゃであやしてくれるので
良い表情が引き出せました!!

手がたや足がたも
家でやるには道具の準備や片付けが大変なので
お店でやってもらえると助かります。
生れたときに病院で取って以来なので
かなり大きくなりました!!

“左手”のことがあるので
色々なイベントに参加することに多少の不安はやはりあります。
そして参加することが良いことなのか正解はわかりません。
あたたかく受け入れてもらえることの方が多いと思いますが
良いことばかりではないかもしれないとも思います。
でも、やっぱりツムちゃんが楽しそうにしていること。
色々な経験、体験ができることは大切なことだと思っています。

いま、ツムちゃんは人に興味があって
お出かけも好きで楽しそうです。
だから、色々連れて行ってあげたいなと思います。

 

スポンサーリンク





-samiのブログ

< スポンサーリンク >


自己紹介

私達
夫(sashi):1988
妻(sami ):1990
娘(ツム):2018.4.27
2018年4月27日深夜。
私達の第一子が産まれました。生まれてきた娘(ツム)は、その小さな身体には大きすぎる壁を持っていました。
先天性四肢欠損。娘の左手はひじから先がほとんどなく、心臓にも先天性の病気がありました。
このブログは私達が受け入れるための成長の記録をメインとして更新していきます。
まずはコチラをご覧下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ