先天性四肢欠損の子供を育てる親のブログ

娘は「先天性四肢欠損」「先天性心疾患」を持って生まれてきました。それでも娘は力強く生きてます。そんな愛する娘を幸せにしてあげたい両親の気持ちを綴るブログです。

お誕生日会とお誕生日相談

投稿日:

sami(妻)です。

久々の更新になってしまいましたが
ゴールデンウィークの初日
4月27日に誕生日を迎えて
ツムちゃん1歳になりました!!

少しさかのぼって
連休前のことやお誕生日、連休中のことなどを
書いていこうと思います。

-スポンサーリンク-


お誕生日の少し前に

4月24日

この日はよく一緒に遊んでいる友だちとその子どもちゃん(Aちゃん)と
誕生日パーティーをしました。

友だちの子どもちゃんも4月生まれ(3歳になる)で
ツムちゃんと一緒にお祝いをしました。
そして、実はわたしも4月生まれで
ちゃっかり仲間に入れてもらっちゃいました。

みんなで餃子の皮でピザパーティーをしました。
ツムちゃんはまだ食べられないのですが
みんなが食べているのを見て食欲が出てきたようで
離乳食を用意すると早く欲しそうにしていました。
一緒のものが食べられるようになるまであともう少しですね。

わたしと友だちがピザパーティーの準備や作っている間
Aちゃんがツムちゃんと一緒に遊んでくれていたので
とってもスムースにできました!!
とっても面倒見のいい頼れるお姉ちゃんで助かっちゃいます。

やはり子ども同士だと大人が相手をするのとはまた違って
より一層楽しく、通じ合っている感じで
ツムちゃんもとってもうれしそうにしていました。

素敵なプレゼント

プレゼント交換もしました♪

ツムちゃんにはラッシュガードをもらいました。
こんな小さい子用のもあるんですね!!
夏に水遊びするのが楽しみです☆

Aちゃんには
クレヨンとヘアピンとシール絵本をプレゼントしました。
さっそくクレヨンでお絵かきしたいと言ってくれて
一生懸命絵を描いていました。
プレゼント選びには悩みましたが
気に入ってくれたみたいで良かったです。

なんとわたしにもプレゼントがありました!!
夏らしいカバンをいただきました。
最近どうしても荷物がいっぱい入るとか
使い勝手の良さを重視して物を選んでしまうので
なかなか季節ものは買えていませんでした。
だから、おしゃれなプレゼントがとってもうれしかったです。

素敵な会になってよかったです☆

お誕生日相談

4月25日

わたしの住んでいる地域では
1歳頃に健康センターで
保健師さんによるお誕生日相談をすることになっています。

この日は4月生まれの子の相談会の日でした。

内容としては
①この時期の子育てについてのお話
(離乳食・歯磨き・言葉の発達・事故防止など)
②地域の施設についてのお話
(児童館・支援センターなど)
③体重・身長測定
④手形or足形カード作り
⑤保健師さんとの個別相談
(希望者は栄養士さんと栄養相談)
という流れでした。

相談会での様子

①、②ではみんなで丸くなってお話を聞いていたのですが
色んな興味があるところに歩いたりハイハイしたりして
動き回っている子が多かったです。
そしてママたちは連れ戻したり
資料のプリントを取られたりして大変ですが
かわいいやり取りがほほえましいですね。

前回、同じくらいの月齢の子が一度に集まったのが
4か月健診の時です。
その頃よりもできることや
身体の大きさなどの個人差が大きいように感じました。
どうしても比べてしまったりする部分もあったりします。
『もう歩けるんだ。早いなー。すごいなー!!』
と思うことはあります。
でも、個人差があって色々な子がいたので
それぞれでいいんだなとも思いました。

ツムちゃんは置いてあったおもちゃに
勢いよくズリバイで向かって行ったり
隣の子と目を合わせて何か通じ合ってたりしていました。
そして資料のプリントにも興味津々。
見事にぐちゃぐちゃにされました。。。

②では
児童館の方がふれあい遊びを教えてくれて
一緒にみんなでやり、楽しかったです。
まだ児童館には行ったことがなかったですが
また行ってみたいと思います♪

③、④では
体重8.3kg 身長72.4㎝
体重は横ばい気味ですが
身長はしっかり伸びていました。
1年間で見ると
体重は4.9㎏ 身長は22.4㎝も増えていました。
確かに大きくなりましたが
数字で見るとさらに実感しますね!!
手形も上手にとれました!!

⑤では事前のアンケートをもとに
普段気になることなどを相談できました。
寝付くのが苦手なツムちゃん。
寝かしつけについて相談しました。
抱っこだと5~10分くらいで寝てくれるのですが
ベッドに横になると寝返りしたり座ったり立ったりと
遊びたくなって寝かすと嫌がって泣いてしまいます。
何とかトントンして寝かそうとしても30~1時間以上かかってしまいます。

保健師さんからは
寝かしつけに時間がかかって寝るのが遅くなってしまうので
抱っこですぐ寝てくれるようなので
抱っこで寝かしつけをして
まずはこの時間は寝る時間という習慣づけをする。
それから少しずつトントンで寝れるようにしていってもいいかも
とアドバイスいただきました。

最近遊び食べや食べムラが気になっていたので
栄養士さんの栄養相談もお願いしました。

卒乳直後に結構モリモリ食べていたので
量としては食べているのですが
遊んでしまって残したりして食べる量が減っていたり
体重が減っているときがあったこともありました。
好きだったにんじんをベーっと出して食べなくなったり
白米のように味がないものを食べてくれなかったりして
少し不安になってました。

でも栄養士さんから見ると
成長だね!!そういう時期だね。
という感じでした。

食べているものの量や内容をお話しすると
しっかり食べれてるよとのことでした。

確かに食べムラがあるかもしれないけれど
調味料を少しずつ足したりして
食べてくれる味を探ってみる。

白米も全部混ぜご飯とかにせずに
白米も用意して練習もしてみる。

とアドバイスをもらいました。

気になっていたことを
相談できてとってもすっきりしました。
今までと違うと不安になりますが
成長によって変わることや
練習したり教えたりしてできるようになっていくんですよね!!

スポンサーリンク





-samiのブログ

< スポンサーリンク >


自己紹介

私達
夫(sashi):1988
妻(sami ):1990
娘(ツム):2018.4.27
2018年4月27日深夜。
私達の第一子が産まれました。生まれてきた娘(ツム)は、その小さな身体には大きすぎる壁を持っていました。
先天性四肢欠損。娘の左手はひじから先がほとんどなく、心臓にも先天性の病気がありました。
このブログは私達が受け入れるための成長の記録をメインとして更新していきます。
まずはコチラをご覧下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ