先天性四肢欠損の子供を育てる親のブログ

娘は「先天性四肢欠損」「先天性心疾患」を持って生まれてきました。それでも娘は力強く生きてます。そんな愛する娘を幸せにしてあげたい両親の気持ちを綴るブログです。

児童館デビュー

投稿日:

sami(妻)です。

-スポンサーリンク-


はじめては大人でもドキドキ

毎日家で遊ぶものも限られているし
公園で遊ぶのも楽しそうだったし体力もついてきたし
そろそろ児童館にも行ってみようかなと思って
ホームページなどを見てみましたが
どんな雰囲気なのかもわからず
そして、いまいちきっかけがなくなかなか行けずにいました。

そんななか、お誕生日相談のときに児童館の紹介があり
ひとまず行ってみようと思い一歩を踏み出しました。

グループができていたり常連さんばかりで
入りづらい感じもあるのかなと思っていました。

なので正直はじめて行くのはドキドキしました。

入り口に着いて靴をしまっていると
すぐ職員さんが出てきてくれて声をかけてくれました。

これでだいぶ緊張ほぐれました‼︎

館内の案内

「はじめてです。」
と言ったら館内を案内しながら使い方を教えてくださいました。
年間の行事予定も色々あるみたいです。
みんなで体を動かして遊んだり
ママたちの時間としてヨガや
ハンドメイドなどをしたりするイベントもあるそうです。

同い年の子どもたちが集まる登録制のクラブもあります。
やってみたいことなどを話し合ったりして
月に1,2回ほど活動するママたちが自主運営するクラブです。
はじめてでまだ児童館自体の雰囲気もつかめていない状態なので
参加するかは今後考えていこうと思います。

館内にはいろいろなおもちゃがそろっており
自由に遊ぶことができます。

おもちゃのある部屋には年代別に様々なおもちゃがありました。
職員さんだけでなく常連のママさんも
赤ちゃん用のおもちゃがある場所を教えてくれて
ツムちゃんに合いそうなおもちゃを選んでくれました。

気さくに「何歳ですか??お名前は??」
と話しかけてくださる方もいて
来る前に心配していた雰囲気とは全く違いました。
ツムちゃんもたくさんのおもちゃにご満悦♪

11時半からは遊戯室で職員さんがリズム体操や歌
手遊び、読み聞かせなどを15分くらいする時間があります。
こちらはだれでも自由に参加できます。

ということで参加してみました!!
ミッキーマウスマーチに合わせて踊ったり
音楽に合わせて追いかけっこしたりしました。
ツムちゃんはまだ抱っこでの参加でしたが
みんなと一緒に身体を動かして遊ぶのは
家ではできない体験なのでいいですね。

ツムちゃんと同じくらいの年代や少し上の子
ママさんたち、職員さんとお話したり一緒に遊んだりするのは
こういった施設に行かないとなかなかできないので
気分転換にもなるし、世界も広がるし
行ってみてよかったなと思いました。

スポンサーリンク





-samiのブログ

< スポンサーリンク >


自己紹介

私達
夫(sashi):1988
妻(sami ):1990
娘(ツム):2018.4.27
2018年4月27日深夜。
私達の第一子が産まれました。生まれてきた娘(ツム)は、その小さな身体には大きすぎる壁を持っていました。
先天性四肢欠損。娘の左手はひじから先がほとんどなく、心臓にも先天性の病気がありました。
このブログは私達が受け入れるための成長の記録をメインとして更新していきます。
まずはコチラをご覧下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ