先天性四肢欠損の子供を育てる親のブログ

娘は「先天性四肢欠損」「先天性心疾患」を持って生まれてきました。それでも娘は力強く生きてます。そんな愛する娘を幸せにしてあげたい両親の気持ちを綴るブログです。

お絵かきだいすき♪

投稿日:

sami(妻)です。

-スポンサーリンク-


紙とペンに挑戦

最近のツムちゃんのお気に入り1つは
お絵かきです!!

アンパンマンのお絵かきボードは
日に日にペンの持ち方が上手になり
音が出るボタンも自分で押したりスタンプを押したり
描いた絵を消すつまみをスライドできるようになりました。

毎日使っていく中でいろいろ覚えるんですね。
つまみも最初は引っ張っていましたが
わたしや夫がスライドしているのを見て
まねっこしてできるようになりました。

ボードが置いてある場所も覚えたみたいで
取ってと手を伸ばします。
取ってあげるととってもうれしそうです。

だいぶペンが上手に持てるようになってきたので
お絵かきボードではなく紙とペンにも挑戦してみました。

お絵かきボードに比べると
ボールペンや鉛筆のが描くのに力が必要です。
なので最初はすごく薄い線でしたが
いっぱい線ができていくのが楽しかったようで
夢中になっていました。

色んな色に興味津々

白黒ばかりだったので色にも挑戦‼︎

家にクーピーがあったのでこれなら手につかないということ
でツムちゃんに渡してみました。

カラフルなクーピーに興味津々です!!
紙に描いてみせてあげるとさっそく真似をしてくれました。

ただ次第にクーピー自体への興味の方が強くなり
いっぱい手に持ったり並べたりしていました。
おいしそうに見えたのか
口に入れてしまうこともあったので気を付けないとですね。

まだ何を描いているかは全然わかりませんが
ツムちゃん最初の作品が色々できあがりました。
これが少しずつわかってきたり
描き方の変化もこれからの楽しみですね!!

描いたものを当てる

パパやママが描いた絵が何かというのも
わかるものが出てきました。

犬を描くと
うれしそうに「わんわん!!」と言ってくれたときは
大袈裟ですが感動しました☆

今では
「手」「目」や「アンパンマン」
などもわかるようになって
何か描いてとペンを渡してくれます。

わかるもの伝わるものが増えるのは
とっても楽しいですね!!

スポンサーリンク





-samiのブログ

< スポンサーリンク >


自己紹介

私達
夫(sashi):1988
妻(sami ):1990
娘(ツム):2018.4.27
2018年4月27日深夜。
私達の第一子が産まれました。生まれてきた娘(ツム)は、その小さな身体には大きすぎる壁を持っていました。
先天性四肢欠損。娘の左手はひじから先がほとんどなく、心臓にも先天性の病気がありました。
このブログは私達が受け入れるための成長の記録をメインとして更新していきます。
まずはコチラをご覧下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ