先天性四肢欠損の子供を育てる親のブログ

娘は「先天性四肢欠損」「先天性心疾患」を持って生まれてきました。それでも娘は力強く生きてます。そんな愛する娘を幸せにしてあげたい両親の気持ちを綴るブログです。

親目線で感情移入

投稿日:

sami(妻)です。

-スポンサーリンク-


アイデアいっぱいの結婚式

少し前の話ですが友だちの結婚式に参列しました。
ツムちゃんと夫は2人で仲良くお留守番してくれました。

手作りのアイテム満載で
アイデアいっぱいの演出もいっぱいあって
幸せな笑顔いっぱいの
とっても素敵な式と披露宴でした。

久しぶりに会った友だちともいっぱいお話しできたり
ツムちゃんと同い年の子どもがいる友だちにも会えて
ママトークできたのも楽しかったです。

友だちの花嫁姿や幸せそうな様子を
見られるのはうれしいです。
そして、色々な友だちが一緒に集まるのも
また結婚式ならでは!!
本当に素敵な時間でした。

定番のセレモニーで

結婚披露宴のクライマックスの定番と言えば
『花嫁の手紙』ですね。

小さい頃や学生の頃のことを思い出したり
素敵なエピソードや熱い想いを聞いていると
やはり感動してしまうものです。

と、今までは友だちとの思い出を振り返ったり
自分の家族に対する思いと重ねてみたり
友だちと家族の関係を想ったり

そんな心境でしたが今回は友だちの
『お母さんの娘でよかった。今、幸せです。』
という言葉を聞いて
花嫁の手紙ではよくあるフレーズかもしれませんが
ツムちゃんもそんな風に思ってくれるといいな
と自然とツムちゃんの未来を想像していました。

“母”になったな
と実感する出来事でした。

きっとこれからも色々な場面で
物事に対する目線が変わったり
見え方や考え方が変わったりしていくんですね。
まだまだ“はじめて”はたくさんありますね!!

スポンサーリンク





-samiのブログ

< スポンサーリンク >


自己紹介

私達
夫(sashi):1988
妻(sami ):1990
娘(ツム):2018.4.27
2018年4月27日深夜。
私達の第一子が産まれました。生まれてきた娘(ツム)は、その小さな身体には大きすぎる壁を持っていました。
先天性四肢欠損。娘の左手はひじから先がほとんどなく、心臓にも先天性の病気がありました。
このブログは私達が受け入れるための成長の記録をメインとして更新していきます。
まずはコチラをご覧下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ