先天性四肢欠損の子供を育てる親のブログ

娘は「先天性四肢欠損」「先天性心疾患」を持って生まれてきました。それでも娘は力強く生きてます。そんな愛する娘を幸せにしてあげたい両親の気持ちを綴るブログです。

心電図のコードに興味津々

投稿日:

sami(妻)です。

-スポンサーリンク-


動き回れるのが楽しい

少し前の内容になってしまいますが
8月21日に心臓の定期健診がありました。

ツムちゃんはだいぶ歩くのが上手になってきたので
最近は靴を履かせてお出かけするようになってきました。

この日の健診も靴を履かせていくと
辺りをキョロキョロして慣れてきたら少しずつ移動を始めました。

体重測定や診察前の検査が終わり
診察を待っている頃にはいっぱい歩けるのが楽しくなって
ニコニコしながら歩き回っていました。

この時間帯は他の科の診療時間が終わっているので
待合スペースは空いています。
危なくないように見守っていると
こちらを見てうれしそうに笑顔で歩くツムちゃん。
歩き方もだいぶ安定してきました。

毎回違う反応

体重は9.21㎏

順調に増えていました。

心電図のコードを付けられて
「なにこれ??」ととっても不思議そうに見て
足についたのも見たくて両足を高く上げて興味津々でした。
楽しそうに足や手をみたり動かしているうちに検査は終わり
「上手にできたね!!もう終わっちゃった。」
と看護師さんに褒めてもらえました。

同じ検査でも反応が変わってきますね。
これも成長のひとつなんですよね。

エコーは今回から抱っこで行いました。
歩けるくらいの時期になると寝っ転がるのが
イヤイヤになる子が多いようですね。

今回の経過では特に大きな変化はなく
改めて今の状態と今後の可能性のお話を聞きました。
穴に関しては2つは塞がって
1つもかなり小さく影響のある状態ではないので
今後処置が必要になることはないと考えてよい。
逆流は成長によって変化があるので
引き続き様子をみていく。
今のところ何か処置が必要な状態ではない。

とのことでした。

前回の検診についてのブログ

また4か月後に検診です。

今回も経過良好で良かったです。
すくすく成長してくれてなによりです!!

スポンサーリンク





-samiのブログ

< スポンサーリンク >


自己紹介

私達
夫(sashi):1988
妻(sami ):1990
娘(ツム):2018.4.27
2018年4月27日深夜。
私達の第一子が産まれました。生まれてきた娘(ツム)は、その小さな身体には大きすぎる壁を持っていました。
先天性四肢欠損。娘の左手はひじから先がほとんどなく、心臓にも先天性の病気がありました。
このブログは私達が受け入れるための成長の記録をメインとして更新していきます。
まずはコチラをご覧下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ