先天性四肢欠損の子供を育てる親のブログ

娘は「先天性四肢欠損」「先天性心疾患」を持って生まれてきました。それでも娘は力強く生きてます。そんな愛する娘を幸せにしてあげたい両親の気持ちを綴るブログです。

メリーゴーラウンドでしがみつく

投稿日:

sami(妻)です。

9月中バタバタしてなかなかブログが書けずにいたので
少しさかのぼったお話になってしまいますが
公園や遊具があるサービスエリアに遊びに行ってきました‼︎

-スポンサーリンク-


目が合うとニコニコ

9月7日

お天気も良くお出かけ日和。

まだまだ暑いですが風は涼しかったので
外で遊ぶにも良さそうでした。

サービスエリアなので
ごはんを食べるところも充実していました。

着いたのが11時頃だったので
混む前に先にごはんを食べることにしました。

ツムちゃんもだいぶ色々なものが食べられるようになってきて
大人のごはんを取り分けてあげることもできるようになりました。
この日はうどんと定食屋さんの小鉢のオクラ和えや
かぼちゃの煮物の味が薄いところを取り分けてあげました。
色々な種類のおかずが食べられてご満悦なツムちゃん。

近くの席には同じくらいの歳の子が何人かいて
その子たちのことが気になるのか様子を見て
自分も同じように食べようとしていたり
目が合ってニコニコしたりしていました。

いつもフードコートに行ったりすると
よく周りを見渡して同じくらいの歳の子がいると気になって見たり
大人でも目が合ったりにっこりしてもらうと
うれしいみたいでツムちゃんもニコニコしています。

いよいよアトラクションに挑戦

ご飯を食べ終えて腹ごしらえもしっかりできたところで
遊具がある方に行ってみました。

まず最初にバッテリーカーのコーナーに行ってみました。
お金を入れて足でボタンを踏むと進みます。
車やシマウマ、馬車など種類があります。
懐かしいですね。わたしも昔乗った記憶があります。

ツムちゃんは最初、動き出したことに少し驚いていました。
しばらく動かしていると
周りをキョロキョロ見渡す余裕ができてきたようです。
ただ終始表情は硬かったです。
緊張気味のデビューでした。

続いて、メリーゴーラウンドに乗ってみました。
まだ、馬に1人でつかまるのは難しそうなので
馬車にわたしと一緒に乗りました。
夫は写真係で柵の外でカメラを構えていました。
ツムちゃんは馬車にミニオンがついていいたり
見たことのない装飾にキョロキョロしていましたが
動く直前になって何かを感じ取ったのか
私にしがみついてきました。

そして、動き出すと少し怖がっている様子でしたが
「パパが見えるよー!!」と言って手を振ったり
「楽しいね。」と声をかけていると
しがみついていた体勢から少し手を放して
周りを見たりして少し笑い声が出たりして
楽しさも感じたようです。

次はパパとツムちゃんで汽車に乗りました。
やはり最初は表情が硬め。
でも、いろいろ景色が見えるのは興味があるのか
キョロキョロして周りを見ていました。

ツムちゃんにとって初めてがいっぱいで
戸惑いを隠せない様子ではありましたが
嫌がったりすることなく興味は持っているようでした。

他にも公園の方には変わった滑り台や
アスレチックなど色々な遊具があるようでしたが
まだまだ日差しが暑くこの3つを乗った時点で
ツムちゃんも結構汗をかいていたので
今回はこの辺で帰ることにしました。

この日はイベントをやっていて
ミニゲームができるチケットを
汽車に乗ったときにもらったので
最後に輪投げに挑戦しました!!

パパと協力して輪を棒に引っ掛けることができました。
スタッフさんにちょっとおまけしてもらって
ツムちゃん、見事景品ゲットです☆

キラキラシールをもらってうれしそうにしていました。

家からもそんなに遠くなく
アトラクションも50円や100円で乗れたりと
気軽に遊べる感じでした。
近くにいい遊び場を発見できてよかったです。
また行きたいと思います!!
次はどんなツムちゃんの反応が見られるのかも楽しみですね。

スポンサーリンク





-samiのブログ

< スポンサーリンク >


自己紹介

私達
夫(sashi):1988
妻(sami ):1990
娘(ツム):2018.4.27
2018年4月27日深夜。
私達の第一子が産まれました。生まれてきた娘(ツム)は、その小さな身体には大きすぎる壁を持っていました。
先天性四肢欠損。娘の左手はひじから先がほとんどなく、心臓にも先天性の病気がありました。
このブログは私達が受け入れるための成長の記録をメインとして更新していきます。
まずはコチラをご覧下さい。

ブログランキング・にほんブログ村へ